会社情報
採用情報
本社周辺地図
HOME
 Wave Researcher® Ver3.0

横河電機 Darwin/HRシリーズ対応版 滅菌バリデーション版
パソコン
  • OS:WindowsXP/2000/
  • CPU:PentiumIV 2.0GHz 以上推奨
  • メモリ:512MB以上推奨
  • ディスプレイ:カラーSVGA以上(1024×768ドット)
  • プリンタ:ウインドウズ対応のプリンタ(出力形式はB5~A3です)
  • ハードディスク:チャネル数、サンプリング間隔、計測時間により異なります。

  • 必要ディスク容量
    ファイルヘッダ + 測定チャネル × データ取込み回数
    • ファイルヘッダ:64KB
    • 測定チャネル:時刻10Byte+チャネル数×2Byte
    • データ取込み回数:1ファイルのポイント数
  • F値演算のほか、リアルタイムチャネル間演算機能を使用した場合は、演算1チャネルあたり4BYTE必要です。
計測装置
  • 横河電機:DARWINシリーズ:滅菌バリデーション用の標準設定では最大30点までですが、設定を変更することにより、パソコン1台に本体を3台まで接続して、900点まで測定可能。
    DA100 / DC100 / DR130 / DR230 / DR240 データアクイジションシステム
  • 横河電機:HRシリーズ:標準設定では最大30点までですが、設定を変更することにより、パソコン1台に本体を3台まで接続して、900点まで可能。
    HR1300 / HR2300 / HR2400 / HR2500 / DA2500 ハイブリットレコーダ
  • 測定周期とチャネル数は、パソコンの性能及び測定チャネル数、測定器とのインターフェースの環境により大きく左右されます。上記の表はあくまで目安として下さい。
  • リアルタイムでのF値演算は最短1秒で可能です。
  • F値演算のほか、リアルタイムチャネル間演算を使用する場合のチャネル数や演算式によっては、最短では行えない場合があります。
インターフェース
  • Ethernet インターフェース:(10BASE-T、100BASE-TX) Ethernetボード・ケーブル・ハブ等が必要です。
  • RS232Cインターフェース:リバースタイプのRS232Cケーブルを用意して下さい。
  • GP-IBインターフェース:日本ナショナルインスツルメンツ㈱製のGP-IBボードが必要です。


Copyright © 1997 Habilis Corporation
滅菌バリデーション版
カタログPDF
(1643KB)


滅菌バリデーション版
概説書PDF
(350KB)
デモプロダウンロード
使用機器
使用機器
価格
特徴
DARWIN/HR
お問い合わせ
資料請求はこちら
TEL
03-3769-6291
FAX
03-3769-6285
MAIL
sales@habilis.co.jp