HOME
お問い合わせ
資料請求はこちら
TEL
03-3769-6291
FAX
03-3769-6285
MAIL
sales@habilis.co.jp
Wave Researcher® Ver3.0
横河電機 Darwin/HRシリーズ対応版 計測ソフトウェア

スタンドアロン版/ネットワーク版
会社情報
採用情報
本社周辺地図
Wave Researcher Ver3.0 使用機器
使用機器



価格
パソコン
  • CPU:PentiumIII以上の機種であること。
  • メモリ:256MB以上必要(512MB以上推奨)
  • ハードディスク:500MB程度必要。
    (チャネル数、サンプリング間隔、計測時間により異なります)
  • ディスプレイ:カラーSVGA以上(1024×768ドット)
  • プリンタ:ウインドウズ対応のプリンタ(出力形式はB5~A3)
    画面印刷はカラー対応可能(A4横形式出力)
  • OS:日本語WindowsXP/2000/ME/NT/98(SE)
  補足事項:
  • ノートパソコンの場合には、(800×600ドット)以上をご使用下さい。
  • 表計算ソフト等を同時に使用する場合には、512MB以上のメモリを使用下さい。
  • 当ソフトを使用する場合には、パワーマネージメント機能、スクリーンセーバー機能は使用できません。
計測装置
  • 横河電機、DARWINシリーズ。DA100/DC100/DR130/DR230/DR240
    拡張ユニットを使用して合計300点まで接続可能。
  • 横河電機、HR1300、HR2300、HR2400シリーズ。
    本体を1台接続で30点まで可能。
  • 横河電機、HR2500、DA2500シリーズ。
    本体1台にスキャナを使用して最大300点まで接続可能。
インターフェース
  • GP-IBインタフェースの場合に使用可能なGP-IBボード
    デスクトップの場合:
    PCI-GPIB  日本ナショナルインスツルメンツ製
    ノートパソコンの場合:
    PCMCIA-GPIB  日本ナショナルインスツルメンツ製
  • RS232Cインタフェースの場合に必要なケーブル
    9ピン-25ピン リバースケーブル
    (COM1~COM3に接続)
  • イーサネットインターフェースの場合
    LANボード・ケーブル・HUB等
    パソコンと計測器を直結する場合はクロスケーブル、HUBを経由する場合はストレートケーブルをご用意下さい。
ネットワーク版の接続方法
  • 公衆回線・専用回線:2線式一般回線で公衆回線用モデムをご使用下さい。監視側からは内線経由での0発信が可能ですが、計測器側は直通回線をご用意下さい。
  • 携帯電話・PHS:各社に対応するモデムをご使用下さい。
  • ADSL:ISPへの加入及び計測サーバー側は固定IPアドレスの取得が必要です。
  • Ethernet:ボード、HUB、ケーブル等のEthernet機器をご用意して下さい。

Copyright © 1997 Habilis Corporation
Ver3.0カタログPDF
(648KB)
Ver3.0概説書PDF
(776KB)
デモプロダウンロード
特徴
DARWIN/HR