振動データ入力 8/16チャネル、標準12.8kHz
電圧入力レンジ ±0.5、1、2、5、10、20、50V
回転パルス入力 1チャネル、1回転/パルス数の指定可能
パルス入力レンジ ±0.5、1、2.5、5、10、20V
パルス判定 立上り、立下りしきい値判定
回転数範囲 180~18000rpm
データ収集モード Δrpm:回転数の変化により計測
Δt:時間、最短5秒間隔で判定

  データ収録時のグラフ表示                     

タイムトレンドグラフ TYグラフ、各次数成分の振幅/位相/OA値の時間変化を表示
SVグラフ ボート線図、回転数変化、振動/位相表示
ポーラルグラフ ベクトル線図、振動/位相表示
オービットグラフ リサージュグラフ、1回転あたりのシャフトの軌跡を表示
タイムベースグラフ 1回転あたりのシャフトの軌跡を時系列に表示
FFTグラフ FFT演算結果を表示
シャフトセンタライングラフ 軸受クリアランス内の軸中心位置の回転数による変化を表示
デジタルトレンド表示 0.5×、1×、2×の振幅/位相、OA値、回転数を一覧表示

  後処理波形解析部                          

後処理グラフ表示 タイムトレンド、SVグラフ、ポーラルグラフ、オービットグラフ、タイムベースグラフ、シャフトセンタライングラフ、FFTグラフ、FFTカラーコンタグラフ、FFT3次元グラフ、デジタルトレンド
測定データ保存 Δrpm、Δtのタイミングでの8回転分の波形データとFFT・トラッキング演算したデータを保存
データエクスポート 上記タイミングで収集した波形データ、FFT・トラッキング演算したデータをCSV形式に変換

  トラッキング演算、FFT解析部                   

解析手法 データ収集時に、ソフトウェアによるリサンプルを行い、定比トラッキングで解析
解析次数 0.5×、1×、2×(回転次数)
1f、2f(50/60Hz電源周波数の次数)
回転方向、位相補正 CW(右回り)、CCW(左回り)
回転センサの取り付け角度を指定可能
フレーム長 512~32768
窓関数 レクタンギュラ、ハニング、フラットトップ
表示単位 0-p/p-p
スケール リニア/ログ

  印刷                                   



Copyright © 1997 Habilis Corporation
RotaryViewカタログPDF
(1443KB)
RotaryView概説書PDF
(1485KB)
LXシリーズについて

ティアック
仕様
システム構成
特徴
RotaryView
会社情報
採用情報
本社周辺地図
HOME




お問い合わせ
資料請求はこちら
TEL
03-3769-6291
FAX
03-3769-6285
MAIL
sales@habilis.co.jp
RotaryView®

回転軸振動データ収録解析用ポータブルシステム

計測部(データロガー)

解析